« 2010年11月 | トップページ

2010年12月の投稿

30・あのころの僕!

青年たちのグループ。その中の1人。

よく見るな~あのお客。

昔の僕にそっくり、おとなしくて・・・20才になったばかりかな?お酒を飲めるようになって。

でも僕は一人で来ていたな!一緒に来る人いなかったしね!でもこのレストラン一人でも十分OK!だってショータイムが有るから。ショーが始まったら一人と同じだものね。

数々のスターを生み出してきたこのSPARKLEレストラン、今は改装して昔の姿はほとんど無いがショーの雰囲気は昔のままだ!そんなことはあの青年達は知らないけれど。

Dsc_0312

僕はすっかり古株ボーイ。今はショーにも出られて、決してスター性は無いけれど踊っている時の自分はスターの様に輝いていると思っているけどね!

★人間、世界中に自分と瓜二つの人間が3人いると言われている!身なり姿が同じなのか?性格が同じなのか?やることが同じなのか?この3つがすべて同じならクローン人間になってしまう。本当にそんな人がいるのだろうか?見た目だけならソックリショー大会などでまあよく似ている人は見かけるが。双子と言うならわかるが、見間違える双子もいるからね。全くの他人であって瓜二つ!神様もすべて違うのは作れなかったのかな?なんて。瓜二つでは無くても自分からして似ている感じの人は沢山いると思う。大きく分けると好みの人!だいたい自分の好きなタイプの人は同じグループになるのではないだろうか?だいたい同じ人を選ぶ!これも自分からすれば大きくわけた瓜二つ!なのかな?何が引き寄せるのか自分の好みの人!残念なことに一方通行の時も多く有りますが。

また来てるよあの男の子、今度は一人で!おとなしそうだが何しているのだろう?

昔の俺にそっくり!俺もあんな風にして来ていたな・・・。あの子を見に。

ひょっとしてあの青年も・・・・・。キャシー見に来ているの?

そのころキャシーはもう店の人気者ダンサー!気さくで明るい性格はみんなに好かれて看板娘と言われるほどに。

そうだなーひょっとしたら俺も、この状態ならキャシーのファンになっていたかな?

おいボビー、来月のショースケジュール見た?

いや、見てない! 何か変わってた?

二ヶ月ほど、あのチーム スパークル!!!プロになった・・・、ここでライブやるって書いてあった!

えーーーー!マネージャーそんなこと一言も言っていなかったぜ!それは大変だ!じゃあ俺たちどうなるの?開店休業?やだなー。

口ではそう良いながら内心、心臓が破裂しそうで・・・・。

ステージ上ではキャシー達のダンスショーが最高の盛り上がりをしている、今ではこの新チーム スパークル、この店を飾り大人気グループとなっていた。そこえチーム スパークル、覚えている人がいるのだろうか?この2つのグループ!何かが起きそうだ・・・・。

                                魔法のダンスⅡ・・・・・・END  

|

29・看板ダンサー!

新しいグループ。

みんな集まってくれ!来週からのショーのスケジュールだが新人グループを入れたパターンでやっていく!1日3回のショータイムだ!新人グループは初回のショーだ!新しくチラシ等で宣伝もしてあるからおそらくお客さんも沢山来ると思うからみんな気合いを入れてやってくれ!特に新人グループは初デビューになるからしっかりやらないと今後お客さんが減る可能性が有るからな!それでは各チームで軽くミィーテングを行いオープン準備だ、その他のものは準備を今から始めてくれ!

突然のマネージャーからの連絡事項!いつ聞いても緊張する!とうとう来たかこの日が!あの子のお陰だよ、この俺がショーに出られるなんて!明日で人生変わりそう!!!

★この日を境に!何て事は今までにどれほど有っただろう?あまりこの日を境に、と劇的に変わったことは記憶が無いが気がつくと、あれっ?こんなになっていた!何て事は数有るように思う!当たり前にカレンダーに記載してあるお決まりの日!やはり何か決まりのある日を境にいろいろなことを決めてスタートしているようだ。と言う事は2通りの境の日がある事に気づく!決められた日に行う事、又は自分でこの人決めた日に行うこと!なかなか自分では決める日を設定するのは難しそうに思う。やはり誰かに決めてもらう方のが簡単なようだ!

私のこの日を境に!これは波瀾万丈の日々、数を表しているようだ!ここで思うに、すべての境の日の後にはすっきりしていることが感じられる。このすっきり、良い方に進んでか悪いことが通り過ぎてなのか?割合的には五分五分!記憶に残るのは悪いことが通り過ぎてすっきりが印象に強い!やはり楽しいことは忘れやすいのかな?

初めての出演、自分の頭の中は恥ずかしい、格好悪いが駆けめぐり緊張状態が続いている。私もいろんな舞台を見るときは出演者をじっと見ている、あー、あんな風に見られているんだな~。なおさら恥ずかしくなってくる!ところがいざ舞台に出てしまうとそれどこではなくなってしまう。精一杯のパニック!とでも言った方のが良いのか?そんなかわいらしいことから始まって経験は力となり今度は実力と言うものを身につけるようになり次第にプロになっていく!そうそう私も人生初の舞台、今でもその情景、思い出せます。

そして無事ショータイム終了!

みんな集まってくれ!ショーのダメ出しだ!Aチームはいつも通りだったがちょっと迫力が無かったな!踊りもそうだが、音とのつながりが悪いな!大勢からソロになるところが空きだらけだ!それは埋めないとプロじゃないな!ソロの転換を少し考え直してくれ!それから・・・新人グループ!・・・・・まーーー、今回はこれで良い!こんなもんだ!最初から上手くは無理だからな!お客さんもわかってはいると思うが、それは最初だけだぞ!今後だな!頑張ってくれ!

誉められているのかダメと言われているのか?とりあえずダメだろうな!!!!!

それからしばらくこのショータイムが続けられて行った、みんな少しずつ上達していきお客さんのノリも良くなりマネージャーもご機嫌!気づくとキャシー・・・・。人気者になっていた。昔のあの子もこんな風にして人気者になってっいったのかな?

久しぶりに思い出したな・・・・・・。どうしてるのかな?

|

28・ダンスの練習。

最高のパートナー

ダンス、上手いんだね!何かやってたの?

うん、小さい頃バレエを。あとジャズダンスも少し。

ヘーそうなんだ~、だから上手いんだね!俺なんか下手っぴだからなーとても追いつけないよ。

そんなこと無いよ・・・・

来週からショーに出るんでしょ!良いなー、俺も出られるときが来るのかな?全く情けないな!

大丈夫!私が時々練習つきあってあげる・・・・・・・・・・・。

えっ!・・・・・・・。

ほ、ほんとに!  いやー助かるなー、  でも・・・・出来る限り自分で頑張るよ!どうしてもの時お願いするよ。(・・・・はっきりありがとう て 言っておけば良いのに )

いつでも言ってくださいね!私もいろいろ練習したいので。それでは今日はありがとうございました。私はこっちなので・・。

うん、ありがとう!また明日。それじゃー!

★必然と偶然・・・・。よく偶然だねー運命感じちゃうよ!とか聞くことがあるが本当に偶然なのか? 必然と言うものが有るのならその必然は何処でいったい決まったのか? 必然的にこうなると言う事は良くある、と言う事は何か決まり事が有ってその決まり事の結果、必然的にそうなると言う事なのか? では世の中の必然はすべて何かの仕掛けが有るのだろうか? それとも神業? 偶然でも偶然を装う!と言う事がある。 これは必然と言う計画が事前に有るのでは? なんていろいろ考えてしまう。難しく考えると若き乙女達の夢を壊してしまうことになってしまうからいけないな!そうなれば陰の役者がいる。運命の赤い糸!私とあなたは赤い糸で結ばれているのだから・・・。何て言えば、じゃあその赤い糸は誰が結んだの?やはり神様でしょ!になってしまう。どちらかと言うと縁起の良いときや上手く行ったときなんかによく使うのでは?最悪の時に使うのは何て言うのかな?あなたと出会って私の人生最悪だった!なんて事は・・・・。必然に起こるのか?偶然に起こるのか?

息が合う合わない!これは相手によってかなり左右される。誰でもこの人となら!と言う時が有ると思うが、それは相手が好きか嫌いか?なのか、それとも別の意味が有るのか?ダンスで言うとペアダンスなんかはそれが一番わかる!どれだけ相手に心を許せるか?2人の信頼関係が競技の成功へとつながる場合が多いと思う。団体になればこの条件がかなり高いレベルで要求されることだと思う。

なんか・・・・・・あの子と一緒に練習したり踊ったりしていると・・・・楽しいと言うか・・・やりやすいと言うか・・・・・ダンスと言うものが心地良い感じになってくる・・・・。不思議だ!

それと一緒に踊っていると最高に楽しい。今まで思わなかったなーこんな事!ダンスと言うものが深く楽しいと思った瞬間かも知れない。

|

27・気になる子

思いを寄せて。

ダンスがみんなより圧倒的に遅れを取って練習、練習、の毎日だった。体の疲れもピークで笑顔すら出すのに精一杯!簡単には上手くならないものだとなげく日々だった。

店で働きだしてあまりみんなの事は考えたことがなかったがショーの練習をするようになっていつもと違う会話をするようになったせいか、この人はこんな人、あの人はこうなんだと人と人を感じるようになった。もちろんみんなからすると僕は・・・変な奴!と言う印象だろうが。

仕事のタイムスケジュールは3パターン。早番→中抜け休憩→オープンスタッフ又はオープンスタッフ→ショーダンス→遅番、又はショーダンス→遅番とこの3つ。ショーダンス訓練チームは中抜け休憩中に練習タイムを行うと言ったハードなスケジュール。

自然とスケジュールが重なる人がいるため親しい仲間も出来てくる。そんな中、マネージャーから話が有った頃から一緒だった子がいた。キャシーだ。偶然かも知れないがいつもスケジュールが同じだった。彼女は仕事も出来るしダンスも上手い!俺とは違いすぎる。特に話す事は無いので挨拶程度の仲だった。最近はこれだけ良く顔を見るようになったので少しくらいは話すことが有ってもいいのだが!と思っている。背が低く、ショートカット、結構細身の彼女はバレエでもやっていたのかな?なんて感じ。

ねえあの子ってさー何やってた子?

何で? お前気に入ってるの?

そんなんじゃ無いよ!ダンス上手いから何やっていたんだろう?て思っただけだよ。それと最近良く見るし! あまり話さない子なのかな?

うーーん、そんなこと無いと思うよ。俺もあまり話したこと無いけれど結構気さくな明るい子だよ。何か近くの子見たい、自転車で来ているから。

へーそうなんだ・・・・・。なんか話しにくそうだから。

そんな日々が続いていった。特に話すこともなく。でも顔は覚えてくれたらしく有ったときはニコリと双方するようになっていった。

もちろんキャシーはショーダンスに合格!かなり良いポジションで。今回のメンバーは2通りの出演方式で、いつも出演しているダンスチームに加わるやり方と新チームだけの出演。キャシーはもちろん2つとも出演する。凄いな!それでは問題の俺は・・・・・、練習の成果が有ったのか降ろされはしなかったがサブメンバー!まあいつでも出られるピンチヒッターて言うのかな?ぎりぎりでぶら下がっているよ。フー。

おい!ボビー!  お前キャシーの様に出来ないのか?全く・・・!

キャシー!お前このボビーを時々見てやってくれ!甘やかさなくて良いから!

良いな!ボビー、これ以上下手になったら皿洗い専門要員だぞ!!

こんなプレッシャーにも負けずに日々練習する日が続いた。

中抜け時間も練習、仕事が終わってからも練習、休日も店で練習、こんな熱心なボビーにキャシーも時々練習に参加してくれるようになっていった。

疲れているのにゴメン!

そんな・・良いですよ・・私も練習したいから。

そんなキャシーにボビーはいつしか気持ちを寄せるようになっていった。

ある日、ボビーが店のカギを閉めて帰ろうとしたとき・・・・・。

すみません!ちょっと良いですか?忘れ物しちゃって!とキャシーが走ってきた。

帰りはどっちの方向?

そこの曲がり角を右へ・・・・・、そう僕は左だからそこまで一緒に行こうか?

初めてじゃない?話するの・・・・・。

|

« 2010年11月 | トップページ