« 26・ショーに出演出来る? | トップページ | 28・ダンスの練習。 »

27・気になる子

思いを寄せて。

ダンスがみんなより圧倒的に遅れを取って練習、練習、の毎日だった。体の疲れもピークで笑顔すら出すのに精一杯!簡単には上手くならないものだとなげく日々だった。

店で働きだしてあまりみんなの事は考えたことがなかったがショーの練習をするようになっていつもと違う会話をするようになったせいか、この人はこんな人、あの人はこうなんだと人と人を感じるようになった。もちろんみんなからすると僕は・・・変な奴!と言う印象だろうが。

仕事のタイムスケジュールは3パターン。早番→中抜け休憩→オープンスタッフ又はオープンスタッフ→ショーダンス→遅番、又はショーダンス→遅番とこの3つ。ショーダンス訓練チームは中抜け休憩中に練習タイムを行うと言ったハードなスケジュール。

自然とスケジュールが重なる人がいるため親しい仲間も出来てくる。そんな中、マネージャーから話が有った頃から一緒だった子がいた。キャシーだ。偶然かも知れないがいつもスケジュールが同じだった。彼女は仕事も出来るしダンスも上手い!俺とは違いすぎる。特に話す事は無いので挨拶程度の仲だった。最近はこれだけ良く顔を見るようになったので少しくらいは話すことが有ってもいいのだが!と思っている。背が低く、ショートカット、結構細身の彼女はバレエでもやっていたのかな?なんて感じ。

ねえあの子ってさー何やってた子?

何で? お前気に入ってるの?

そんなんじゃ無いよ!ダンス上手いから何やっていたんだろう?て思っただけだよ。それと最近良く見るし! あまり話さない子なのかな?

うーーん、そんなこと無いと思うよ。俺もあまり話したこと無いけれど結構気さくな明るい子だよ。何か近くの子見たい、自転車で来ているから。

へーそうなんだ・・・・・。なんか話しにくそうだから。

そんな日々が続いていった。特に話すこともなく。でも顔は覚えてくれたらしく有ったときはニコリと双方するようになっていった。

もちろんキャシーはショーダンスに合格!かなり良いポジションで。今回のメンバーは2通りの出演方式で、いつも出演しているダンスチームに加わるやり方と新チームだけの出演。キャシーはもちろん2つとも出演する。凄いな!それでは問題の俺は・・・・・、練習の成果が有ったのか降ろされはしなかったがサブメンバー!まあいつでも出られるピンチヒッターて言うのかな?ぎりぎりでぶら下がっているよ。フー。

おい!ボビー!  お前キャシーの様に出来ないのか?全く・・・!

キャシー!お前このボビーを時々見てやってくれ!甘やかさなくて良いから!

良いな!ボビー、これ以上下手になったら皿洗い専門要員だぞ!!

こんなプレッシャーにも負けずに日々練習する日が続いた。

中抜け時間も練習、仕事が終わってからも練習、休日も店で練習、こんな熱心なボビーにキャシーも時々練習に参加してくれるようになっていった。

疲れているのにゴメン!

そんな・・良いですよ・・私も練習したいから。

そんなキャシーにボビーはいつしか気持ちを寄せるようになっていった。

ある日、ボビーが店のカギを閉めて帰ろうとしたとき・・・・・。

すみません!ちょっと良いですか?忘れ物しちゃって!とキャシーが走ってきた。

帰りはどっちの方向?

そこの曲がり角を右へ・・・・・、そう僕は左だからそこまで一緒に行こうか?

初めてじゃない?話するの・・・・・。

|

« 26・ショーに出演出来る? | トップページ | 28・ダンスの練習。 »

趣味」カテゴリの記事