« 3・劇場の内部 | トップページ | 5・一緒に踊れたら。 »

4・ここで踊るには?

有名人

偉い人になりたいとか有名になりたいとか言う言葉を聞きますが何をもってそうなりたいのか?世の中にはすべて上とか下とかが存在する。年齢でも年が上とか下、先輩と後輩、先生と生徒、上司と部下などとすべて判別が上と下!偉い人と言うのもおそらく自分から見て上の事だろう。まあ偉い人だから良い人と言う訳ではありませんが。中には悪名で有名な人もいますからね。

ところでこの劇場はどんな人が使うのだろう?コンサートとか○○演奏会とか?お芝居かな?きっと凄く偉いスター達なんだろうな~?ビッグスターか~!そんな人になってみたいよ!

もしも自分が目の前のビッグスターと入れ替わっていたら?と思ったことは無いだろうか?そこに立つのが自分!頭の中で視線を入れ替えてみる!自分があるスターの熱狂的なファン!それが逆で自分を見る熱狂的なファン達!想像だけは自由だからね!それにしても全身鳥肌物!・・・・・あっそうか、ひょっとしたらそこに立つ自分の人生が有ったかも!今まで生きてきた人生の中でどこかにこの道につながる扉が有ったんだ!しまった!見落としてた!ちぇっ!損したのかな!なんて自分を慰めて後悔したりして!もともとそんな才能なんて無いのに!!!・・・と。

おい!ボビー、ここのオープンはさぞかし大スターが来るんだろうな?そのころ俺達も少しはそのスター、見れるのかな?

そうだね、完成したばっかりだから手伝わされるかも?目が回るくらい忙しくて見る暇も無いんじゃない!それか次の仕事場所に飛ばされていたりして!俺達そんなオープンスタッフなんかやったこと無いし、邪魔になるだけだよ!

そうか、完成したら終わりだからな!しかし凄い事になるぞ、この劇場は!!!

あっそれとこの劇場の名前?何になるのかな?名前って有るよね!

あー、有るよね!何だろう?そのうち決まるんじゃないかな?そういえば名称募集なんて事も言ってたな?

おいおい今のうちだぞ、こんな凄い舞台、乗ること無いからちょっと舞台で立って見ようぜ!

そうだな!スター気分にでもなるか!

わーーー!凄いなーーーー!大きいなーーー!

ほんとー!凄い!スターってこんな風にみんなを見ているんだ!へーー!

舞台中央に立ち両手を横に広げて目を瞑ってみた!そこに映ったのは満席の客席の前に立つ自分の姿!大拍手を全身に浴びる自分の姿!トップスターの自分の姿が有った!思わずこの幻想の世界に行ってみたいと思った。このようになるにはどうしたら良いのだろう?こんな自分が欲しい!目を閉じたまましばらくこの幻想の世界に浸る!目を開けたくない!そんな気持ちとの戦いの末、現実に戻ってしまう!俺にもこれが欲しい!今の俺にも、今からでも、もっと小さな舞台でも良い!舞台に立てる人になれないだろうか?と言うより、なりたい!出来ればこの舞台で・・・・・神様、僕にこの舞台で踊るためにはどうしたら良いですか!教えてください・・・・!頭の中にポリーの事を思い浮かべながら・・・・・。

おい!おい!ボビー!大丈夫か!突然目なんか瞑ってボーとして!どうかしたのかと思ったよ!

ごめんゴメン!何でもないよ!ゴメンごめん!さあ行こう、長くいると怒られるよ!

|

« 3・劇場の内部 | トップページ | 5・一緒に踊れたら。 »

趣味」カテゴリの記事